海外では必要な日本の不用品

>

引越しや断捨離で出た不用品、どうすれば良いの?

不用品処分の選択肢は様々

引越しをすると思わぬ不用品が出てしまうことがあります。物によっては簡単に捨てるわけにもいかずに、「処分方法も分からず困ってしまった」というのはよくあるケースです。

いざという時に不用品処分に困ることの無いよう、どのような処分方法があるのか確認しておきましょう。

まずは、不用品をゴミとして廃棄する方法です。各自治体のルールに従い、燃えるゴミや燃えないゴミに分別して決められた曜日に廃棄しましょう。ただしサイズが規定よりも大きいものは粗大ゴミとなります。その他、家電リサイクル法で定められた家電は自治体では回収することができません。
また、不用品回収業者に依頼して業者で処分してもらう方法もあります。不用品回収業者であれば家電リサイクル該当品であっても回収して処分してもらうことができます。
その他に、時間や手間はかかりますが知人に譲る、フリマアプリ等で販売することも処分方法の一つです。

リサイクル家電の処分方法

家電リサイクル法の対象家電である「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・乾燥機」は自治体での回収はできません。回収してもらう際には、郵便局にて家電リサイクル料金を支払った後、リサイクル業者へ自分で運び出すか、運搬業者を呼んで回収してもらわなければなりません。
廃棄の際、面倒なイメージの強いリサイクル家電ですが、不用品回収業者へ依頼することで手間を簡略化することができます。電話一本で見積り可能で、回収の際も自宅まで取りに来てくれる業者が一般的です。サイズや状態にもよりますが、比較的安く引き取ってくれることが多いです。また、他に処分したい家電や家具なども一緒に回収してもらえる為、引越し・断捨離だけでなく不用品が大量に出るような遺品整理等でも活用されているようです。


この記事をシェアする