海外では必要な日本の不用品

>

あなたの不用品が海外では役に立つ

海外輸出を行う業者

不用品回収業者に不用品の買取依頼をした際、買い取りを断られてしまうことがあります。それは、店頭に置いても売れ行きが悪く在庫を抱えてしまう可能性がある為です。

そこで現在では、日本で出た不用品を海外へ輸出する不用品回収業者が登場しています。そのような業者は東南アジアなどへの独自の輸出ルートを持っていて、国内専門業者では買取不可能な品物を、海外で再利用する為に輸出しています。
輸出する際は、大型コンテナいっぱいに品物を詰めて搬送し、到着後は現地でオークションが開催され東南アジア諸国の人々の手に渡っています。

今まで大切に使ってきた愛着のある家具や家電を、「売れないから」という理由だけで廃棄してしまうことは残念なことでもあります。捨ててしまわずに海外輸出している回収業者へ買い取り依頼してみてはいかがでしょうか。

買取可能な品物と不用品を高く売る方法

国内では再利用できない品物が、海外では需要がある場合もあります。特にメイドインジャパン製品は海外で人気があり、古くなった家具や製造から5年以上経った家電、ノーブランドの洋服、ぬいぐるみ、食器、ベビー用品等も海外ではリユースされています。「こんな物はきっと買い取ってもらえないな」と諦めてしまう前に、回収業者のホームページ等で確認してみましょう。

また、高く売るためにいくつかのポイントを抑えて買取額アップを狙いましょう。
まず、基本的なことですが汚れやシミは落としておきましょう。大切に使っているということが分かると査定額にも影響します。
その他に、箱や説明書等の付属品があれば一緒に買い取ってもらうと査定額アップに繋がることがあります。
最後に、多少面倒かもしれませんが相見積もりを取得して査定額が最も高い業者へ依頼するようにしましょう。


この記事をシェアする